2017年11月21日火曜日

733キロ。



往復733キロ、三重の伊勢神宮に行ってきました。


あいにくの雨でしたが、人が多かったですね。


参拝はもちろんしてきたんですが、食べ物屋さんが多くて誘惑に負けてしまい、食べてばかりでした。
(KENJEE)

2017年11月17日金曜日

HOUSEGROW打ち上げの会開催。



先月のHOUSEGROWも無事に終わり、遅くなりましたが、打ち上げの会を開催致しました。


開催場所は回らない寿司屋、実家から近くの磯寿司でやりました。


回らない寿司屋の魚料理はなんてうまいんでしょうか。白子やらノドグロやらカニやらで寿司を食べる前にもうお腹一杯でした。

どのメニューも全て美味しくて、後日個人的に行きたいと思います。


タチ、諸々ありがとう。


二次会はイナのバー、そのまんま「イナバー」へ。


シャレシャレのグラスに入ったなんとかのジュースをいただきました。ここでもピザやらなんやら食べましたね。


翌日はうまいものを食べ過ぎたのでは朝8時からと夕方5時からに分けて二部トレーニングのランニングを。


とてもいい会でした。みんなお疲れ様でした。

そして、ありがとう。
(KENJEE)



2017年11月15日水曜日

最後の夜。



仙台市での最後の夜は2回目の牛タン定食でシメ。

と思いきやホテルに戻る途中に原宿で見かけるマリオンクレープのお店を発見。


太るとかどうとか考えながらも思いきって買って、食べながらホテルに戻りました。


よく食べた3日間でした。
(KENJEE)

2017年11月13日月曜日

宮城蔵王。



仙台市内から30キロの蔵王。

蔵王って山形かと思っていたら宮城にもあるんですね。


源泉かけ流しの温泉旅館。

朝ごはん、夜ごはんとも最高でした。もちろんお風呂も。


夜は周辺に何もなしで真っ暗。21時就寝。
(KENJEE)

2017年11月12日日曜日

松島。



仙台市内から30キロ、松島。

「ああ、松島や、松島や~」で有名な松島です。


昔、テレビのCMでこのフレーズが流れていて覚えています。



ここは2011年の東北大震災で津波の被害を受けている地域です。


いろんな方の頑張りで見事に復興し、観光客も戻ってきてるようでした。


船に乗ろうかとも思ったんですが、海の方はかなり寒かったですね。


寒かったので、お店の中で牡蠣やタン串、ずんだ餅など沢山食べました。

どれも美味しかったですね。


ここ松島からこの日開催予定だった鹿島アントラーズのホームゲームを観に行くのもありだなと思い、距離を調べたら、同じ宮城県内でも300キロも移動しなくちゃいけなくて断念しました。
(KENJEE)


2017年11月10日金曜日

都会。



今まで東北の方には行った事がなく、仙台には一度行ってみたいとずっと思っていました。

仙台は都会だって聞いた事あったんですけど、いや、栄えていましたね。


街中の商店街は全て元気で活気がありました。個人商店はごくわずかで、大型チェーン店が沢山並んでいました。

ちょっとお茶しようと思ってもどこも混んでいて一苦労でした。


富山の中央通り、総曲輪通りの100倍以上の人が歩いていたんじゃないかと思います。


それにしても仙台の街中はすごかった。
(KENJEE)

2017年11月8日水曜日

青葉城。


富山から仙台まで片道500キロ、車で5時間でした。


最初の目的地は青葉城。

青葉城は仙台市内を一望出来る場所にあり、景色は抜群でした。



仙台の歴史上の人物と言えば伊達政宗。


昔NHKの大河ドラマではよく観ていましたね。


城の敷地内には土産物、定食を食べれるお店もあり観光客で賑わっていました。


仙台の定番と言えば牛タン。牛タン定食を食べました。しっかりした塩味での味付け、牛タンの厚さは本家本物を感じさせてくれました。
(KENJEE)


2017年11月6日月曜日

1134キロ。



往復1134キロの旅、仙台に行ってきました。
(KENJEE)

2017年11月3日金曜日

VOLCANO。



ビョーントシュケが90年代にやっていたユニットVOLCANO。3人組のユニットでこの曲のボーカルの女性はヘビメタルバンドのボーカリストだそうです。


ヘビメタルバンドのボーカルがこんな風にハウストラックにマッチするんですね。


ビョーンと大喜のラーメンを食べながら、この曲の話をしていました。

それにしてもいい曲です。
(KENJEE)

2017年11月1日水曜日

最終戦。




先週末、小雨が降り続ける中、今期のリーグ最終戦が行われ、結果は2-3で敗退しました。


膝の状態が完璧に回復することなく、もうサッカーはやらないつもりでいたんですが、今年のチーム状況では参加せざるおえなくなり、試合に出る事にしました。


出るとなればしっかり準備しなくちゃいけないし、春からずっとトレーニングをしてきました。


そのかいあって、ケガする事なく、どの試合も走りきる事が出来ました。

だけど結果は負けが多かったし、連携が不十分でした。


自分のところにボールがきたら、ドリブルで早くボールを前に運んでゴール前までもっていきたいんだけど、慌てるなという指示で結局相手ディフェンスが戻ってきてしまって崩せずボールを取られてしまうんですよね。


任せて欲しい場面もあったし、だけどチームプレイも大切だし、もどかしいです。

最終戦は勝てなかったけど、2アシストで点にも絡めたし、それなりのかたちを残せたかなと思います。


また来年に向けて一日一日を大切にやっていきたいと思います。
(KENJEE)

2017年10月30日月曜日

ビョーン。



ビョーン、28日の札幌のプレシャスホールがツアーの最後だったのかな。今日くらいに離日していると思いますね。


富山駅到着した時はラーメンが食べたかったらしく、夕方やっているのは大喜くらいしかなくて、大喜に連れていきました。


かなり塩辛くて口には合わないかなと思ったけど、ライスと一緒に全部食べていました。おいしいか?って聞いたら表情を曇らすことなく、笑顔で「good!」と言っていたので、たぶん本気でおいしかったんじゃないかと思います。


ビョーンはノルウェーからアムステルダムで乗り換え、関空に到着。


ノルウェーは消費税が25%でちょっと物買ったり、食べたりしてもすぐ1000円はいくらしい。


だけどノルウェーは福祉国家と言われているだけあって、税金が高い分、医療費、教育費は無料で老後は安定した生活を送れるらしいです。


今回の来日に関しても、ノルウェーは自国のアーティストが海外に呼ばれて活動する時は旅費のサポートまでしてくれるらしく、アーティストにとっては羨ましい話ですよね。


おまけに駐日ノルウェー大使館の公式ツイッターで今回のビョーンのツアーの宣伝までしてくれているんですよね。

そんな事やるのは後にも先にもノルウェーくらいじゃないですかね。国のサポートがあるっていうのはすごいなって思いました。

たぶん住んだ事ないけど素晴らしい国なんだなと思います。


ビョーンに「HOUSEGROWには同郷のテリエ、プリンストーマスも来てすごくいいDJで盛り上がったよ」って話をしたら「good!」って笑顔で喜んでいましたね。嫉妬心とかそういうものは微塵も感じられなくて、同じ国のDJ、自分の下の世代が頑張っているのが本当に嬉しいんだと思う。


あまりよく喋るタイプの人ではなかったけど、人間的に物凄く温かい人って言うのは感じましたね。


ビョーン、ありがとう。すごくいいDJでした。リスタートのHOUSEGROWのゲストでビョーントシュケというのはベストな選択をしたと思っています。


駅のホームで別れ際「NEXT TIME」と言ったけど、それがまた現実になるように僕らも頑張っていきます。
(KENJEE)


2017年10月28日土曜日

見送り。


先週の土曜日はHOUSEGROW、今週土曜日はサッカーのリーグ最終戦です。今晩試合です。


ずっとトレーニングを続けてきたから体調はいいです。勝ってシーズンを終えたいですね。


パーティーも終わり、ひと段落。

パーティー終わって朝7時前にビョーンとハギさんをホテルに歩いて送って、数時間後の11時には最後の見送り。家帰っても全然寝れなかったですね。


ビョーンはHOUSEGROWの翌日には大阪に戻って夕方スタートのパーティーでイジャットのコンラッドとDJ予定でかなりハードだったと思います。

台風も接近していたので、早い時間の電車に乗るために早めの移動でした。


空港、駅。今まで海外のDJの見送りはずっとやってきたわけですけど、別れ際は本当寂しいものです。

「NEXT TIME」って言いながら、次会える機会というのはなかなかないですから。


だから駅での見送りは改札口に僕も入ってホームまで電車が出発するまで見送ります。


それが僕のパーティーの最後の仕事というか、アーティスト、プロモーターに対する感謝の気持ちです。


見送りの時は大切な思い出として写真は一緒に撮るようにしています。
(KENJEE)

2017年10月26日木曜日

パーティーショット。



パーティーショット。


購入したての照明の威力が凄すぎですね。前日にミヤジ君がセッティング。この日のHOUSEGROWに抜群にハマっていました。
(KENJEE)

2017年10月25日水曜日

ダンスフロア。







ダンスフロアを飽きさせる事のないビョーンの見事な5時間ロングセット。


ハードなテクノ系のトラックが続いたと思えば、フランキーナックルズのTEARSのインストトラックやロントレントなどディープハウスもプレイし、ダンスフロアからなかなか離れられませんでした。


僕らもオープンからがっつり低音のきいたトラックをプレイしていたので、ビョーンもその流れで入っていったのかなと思います。


BOILER ROOMでのプレイを何度かアップしましたが、あの時はエストニアでのライブ録画で各方面で評判が良かったのですが、個人的には今回のHOUSEGROWでのプレイの方が好きでしたね。


朝ホテルに送っていく道中「ビョーン、ナイスプレイ」と声をかけると笑顔で嬉しそうに「サンキュー」と応えてくれました。


ビョーン、サンキュー。
(KENJEE)

2017年10月24日火曜日

HI TECH JAZZ。





一晩の中でグッときた場面がありました。


ビョーンがまさかのHI TECH JAZZをプレイしていました。


僕自身デトロイトのURが大好きでその中でも一番がHI TECH JAZZでした。3年前のラストダンスでもプレイしたし、THE BEST OF HOUSEGROWにも収録しました。


ビョーンは僕がいつもかけてたシンセからはじまるバージョンを僕と同じように繋いでいた。

鳥肌が立ちました。


僕が3年前のラストダンスでかけて、リスタートのパーティーでビョーンがプレイする。

何かずっと繋がっていたというか、やっぱり続けていかなきゃいけないのかって。

本当に心を揺さぶられる場面でした。
(KENJEE)

2017年10月23日月曜日

リスタート、HOUSEGROW。



ノルウェーからビューントシュケを迎え3年ぶりに再開された131回目のHOUSEGROW。


ミヤジ君をはじめクラブのサポート、ハギさん、昔からの仲間達の温かいサポートがあって本当に楽しい一晩になりました。


3年前のラストダンスを終えてからも、HOUSEGROW復活を望む声がずっとあって、それでもなかなか自分自身がやる方向へ持っていく決心がつかず「情熱をもってまたやれるのか、やりきったと言ってやめたじゃないか、復活なんて軽すぎるよ」とそんな気持ちがずっとありました。


昨年3月にマイノリティのアニバーサリーパーティーをHOUSEGROWでやらないかという話をミヤジ君からもらっていてやる方向でいたんですけど、僕が膝の手術をする事になって結局出来なくなって、流れてしまって。


そこから一段とパーティーから離れていったように思います。自分自身DJは好きだけど、周囲を巻き込める熱さみたいなものはもうなくなっていました。



そういう中で昨年の忘年会でザイオンが僕らに「これだけ長い年月続けてきたパーティーってないですよ。やらないってもったいない。年一回でもいいから絶対にやった方がいいから」って言われたんですよね。


そんな話になって新年会やった時にタチが僕らをまとめるかたちで「またやりましょう」って再開が決まったんです。

1月から海外DJありきのパーティー開催で準備を進めていきました。

日程は10月21日開催でハギさんと連絡とって今回ノルウェーのビョーントシュケをそこにめがけて来日させる事が決まりました。

僕の中で準備は全て順調に進んでいて、いざやると決まったら「いいパーティーまたやれるんじゃないか」と思うようになっていて。


パーティーの前日までずっとみんなには「大丈夫だから」って言っていました。



昔と変わらないパーティーを今回やれた事、本当嬉しかったです。


僕ら4人ともすごく楽しんでDJやれましたし、ビョーンのDJも最高でした。




今は達成感、充実感、またやりたいなって言う純粋な思い。


今回の開催に至るまで僕らをサポートして下さった方々、遊びに来ていただいた多くのお客様、本当にありがとうございました。

心から感謝しています。
(KENJEE)


2017年10月20日金曜日

富山の経済。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171020-00000025-minkei-l16


富山経済新聞にHOUSEGROWの記事が掲載されました。



いよいよ明日です。今からマイノリティ入って明日の準備です。


それでは明日、どうぞよろしくお願いします。
(KENJEE)

2017年10月19日木曜日

HOUSEGROW15年間。


2002年6月HOUSEGROW スタート 

2003年6月HOUSEGROW1周年・・・DJ TARO KAWAUCHI(NITELIST) 

2003年11月・・・・・・・・・DJ EMMA(NITELIST) 

2004年3月・・・・・・・・・・KUNIYUKI TAKAHASHI 

2004年7月HOUSEGROW2周年・・・DJ ALEX FROM TOKYO

2004年11月・・・・・・・・・DJ YOKU(A HUNDRED BIRDS) 

2005年3月・・・・・・・・・・DJ BAN(JET SET) 

2005年6月HOUSEGROW3周年・・・DJ TIMMY REGISFORD(NYC,SHELTER)

2005年11月・・・・・・・・・DJ ANDRE COLLINS(NYC) 

2006年5月HOUSEGROW4周年・・・DJ TIMMY REGISFORD(NYC,SHELTER) 

2006年11月・・・・・・・・・DJ DANNY KRIVIT(NYC,718SESSION) 

2007年5月HOUSEGROW5周年・・・IDJUT BOYS(UK,LONDON) 

2007年11月・・・DJ LARRY HEARD A.K.A MR FINGERS(CHICAGO)

2008年2月・・・DJ KENTARO IWAKI、DJ HIKARU 

2008年3月・・・KUNIYUKI TAKAHASHI(LIVE出演) 

2008年6月14日(SAT)HOUSEGROW6周年・・・DJ JOAQUIN JOE CLAUSSELL(NYC、SACREDRHYTHM) 

2008年11月8日(SAT)・・・DJ ALEX FROM TOKYO(NYC, TOKYO BLACKSTAR,INNERVISIONS) 

2009年2月14日(SAT)・・・DJ JUZU A.K.A MOOCHY 

2009年6月13日(SAT)HOUSEGROW7周年・・・DJ TODD TERJE(OSLO/NOLWAY)

2009年11月6日(FRI)・・・DJ FRANCOIS・K(NYC,WAVEMUSIC,DEEP SPACE)   

2010年7月23日(FRI)HOUSEGROW8周年・・・DJ THEO PARRISH(DETROIT,SOUND SIGNATURE) 

2010年8月14日(SAT)・・・DJ KAZUMA & Mind-bending 

2010年11月12日(FRI)・・・DJ QUENTIN HARRIS(NYC,STRICTLY RHYTHM)   

2011年7月16日(SAT)HOUSEGROW9周年・・・IDJUT BOYS(UK,LONDON) 

2011年11月19日(SAT)・・・DJ MASA a.k.a CONOMARK(GRASSROOTS) 

2012年7月13日(FRI)HOUSEGROW10周年・・・DJ NOBU(FUTURE TERROR,DAZZY DJ NOBU)&cro-magnon(JAZZY SPORT) 

2013年7月13日(SAT)HOUSEGROW11周年・・・DJ PRINS THOMAS(OSLO/ NORWAY) 

2013年10月12日(SAT)・・・TOMOYUKI TATENO(INNOCENCE,『 』) 

2013年12月14日(SAT)・・・DJ CMT(POWWOW)

2014年6月6日(FRI)HOUSEGROW12周年・・・DJ NICK THE RECORD(UK,LONDON) 

2014年10月11日(SAT)HOUSEGROW LAST GUEST・・・DJ MOODMAN(HOUSE OF LIQUID,GOD FATHER,slomotion)

2014年12月13日(SAT)HOUSEGROW LAST DANCE

2017年10月21日(SAT)・・・DJ BJORN TORSKE(NORWAY,SMALLTOWN SUPERSOUND,SEX TAGS MANIA)



以前にも書きましたが、ノンゲストのレギュラーパーティーをやりつつ、節目に国内外のゲストDJを迎えてきました。



ゲストを迎えるパーティーも節目としてもちろん大事だったんですが、それ以上に大事なのはノンゲストのレギュラーパーティーでどれだけ集客して盛り上げれるかでした。


毎月安定したしっかりしたパーティーをやっていれば、節目のパーティーはもっといいものになるはずだと思っていたし、それを実感できたのは1周年のTARO KAWAUCHIを迎えた時でした。


あの時EMMAの相方でTAROさんの事を知っていて遊びにきてくれてた人ってそんなにいなかったと思う。当時は自分たちの力でゲストをブッキング出来る力もツテもありませんでした。


当時、地元でカフェをやっていた方が東京に住んでいた時にEMMAの事務所のマネージャーを間接的に知っていて、FAXでやりとりをした覚えがあります。僕自身は当時のEMMAに会うためにアゲハのレギュラーパーティーに行った事もありました。

最終的に「EMMAは呼べないけど、TARO KAWAUCHIならなんとか呼べるかも」って話になってカフェの方のツテでHOUSEGROW1周年にTAROさんを迎える事が出来ました。


自分がゲストDJの前にプレイする事になるのはこの時がはじめてでした。お客さんも入り、盛り上がり、節目のパーティーとして成功だったと言えるものになったと思います。


そこから2年半は国内で活躍するDJを迎え、3周年ではじめての海外DJを迎えます。ニューヨークのティミーレジスフォードでした。今考えても高額なギャランティーでした。「支払いは僕がなんとかしますから」3か月半の交渉を経て決まりました。

パーティー当日はダンスフロアをパンパンにし、朝9時パーティー終了。自分たちに新たな自信がつきました。


もう明後日ですね。よろしくお願いします。
(KENJEE)


2017年10月18日水曜日

LOUIE VEGA。




昨年11月にルイヴェガとケニードープのユニット、MASTERS AT WORKのパーティーが新木場アゲハで開催され、遊びに行ってきたんですが、この曲はルイヴェガ本人がプレイしていました。


アゲハのサウンドシステム、ライディングにこの曲がめちゃくちゃハマっていて、個人的には一番印象深い曲でした。


帰ってきてテクニークで新譜チェックして視聴していたら、「あの曲だ」って見つけて即買いましたね。



過去のHOUSEGROWでもルイヴェガの招聘の交渉をした事があったんですけど、一番ギャラが高くて、それでも当時はやれる自信があったんですが、一週間の日程をずらす事が出来ませんでした。


2005年のティミーレジスフォードの招聘からはじまり、当時は毎月のレギュラーパーティーをやりつつ、6月と11月の年2回の海外のDJのブッキングを確実に決めるため、パーティーのために毎日が忙しかったと思います。

それでも楽しかったと思うし、一つ一つのパーティーが成功していく達成感、充実感というのは僕の中では大きな自信に繋がっていきました。


言動に責任を持ち、確実に行動に移す事。パーティーを、HOUSEGROWを通して、この頃から強く意識しはじめました。
(KENJEE)

2017年10月16日月曜日

DEEP DISH。




ダブファイア、シャラームの二人組からなるDEEP DISHのトラックを15周年ミックスに収録しました。

1997年リリースの曲ですが、今でもプレイ出来る好トラックです。


70年代に起きたイラン革命の時期にアメリカの首都ワシントンに亡命し、91年から音楽活動をスタートさせたイラン出身の二人。

彼らが運営するレーベルYOSHITOSHIからリリースされてきた作品はどれも最高です。
(KENJEE)

2017年10月15日日曜日

新聞。





この曲にハマっています。

ベテラン、ケリーチャンドラーのトラックです。今回のHOUSEGROW15周年ミックスCDに収録されています。


当日もプレイしたいですね。


富山経済新聞から今回のHOUSEGROW開催について取材を受けました。

取材というと大袈裟ですが、取材ですね。


富山経済新聞のWEBの方でパーティーの前日20日に記事が掲載されるそうです。

続けてきたHOUSEGROWの歴史とか、自分の思いとか、ゲストに迎えるノルウェーのビョーントシュケについてなど。


今までそういう取材みたいなものを受けた事がなかったので、こういうやってきた事が記事になるものなんだなと。


よろしくお願いします。
(KENJEE)


2017年10月11日水曜日

MIXCD。



HOUSEGROW 15TH ANNIVERSARY MIX MIXED BY DJ KENJEE


 1  KOOL VIBE/ I WANT IT [TRAXX UNDERGROUND]

  2  A HUNDRED BIRDS FEAT. REGI/ TOO CLOSE(PIANO MIX) [KINGSTREET]

  3  DJ STEAW / DA FINGERZ [QALOMOTA]

  4  DAVID DURANGO/ QUBOTA(DANIEL KYO REMIX) [NRK]

  5  CHIAPET/ WESTWORLD(TERMINATION MIX) [YOSHITOSHI]

  6  TODD TERJE/ INSPECTOR NORSE [OLSEN]

  7  ARMAND VAN HELDEN FEAT.DVANE HARDEN / YOU DON`T KNOW ME[ARMED]

  8  DELANO SMITH/ WHAT I DO (MIKE HUCKABY MIX) [SUSHI TECH)

  9  3 WINANS BROTHERS FEAT.KAREN CLARK SHEARD/ ICHOOSE YOU(LOUIE VEGA DUB) [VEGA]

 10 DJ NAV / SW VIBES [TRAXX UNDERGROUND]

 11 C&C MUSIC FACTORY/ JUST A TOUCH OF LOVE(THE C&C GARAGE DUB MIX) [COLUMBIA]

 12 WASABI&SUGAR HILL/ HOLIDAY [ERASE]

 13 KERRI CHANDLER/ PEACE OF MY MIND [MAD HOUSE]

 14 KRUSE&NUERNBERG/ LAST CHANCE(DUB) [LAZY DAYS]

 15 THE SUNBURST BAND/ GARDEN OF LOVE(SPIRITCHASER REMIX) [Z RECORDS]



 16 SONNY FODERA/ DESIRE [LARGE]



来週末10月21日(SAT)マイノリティで開催されるHOUSEGROWで来場された方先着50名様にプレゼントされるミックスCDが完成しました。


すみません、プラスティックケースの数が揃っていなくて、当日お渡しするCDは布ケースになります。よろしくお願いします。



もう来週ですね、HOUSEGROW。


約3年ぶりの開催になります。2014年の12月13日のラストダンスを最後にパーティー活動は休んでいました。



今年に入ってから「またやりますか」という話になり、少しづつ気持ちの準備を含め動いてきました。


やるなら大きい事をやりましょうという話で海外DJのブッキングをすすめてきました。


なかなかうまく決まらず、今回の開催について大丈夫かなという時期もありました。


8月の正式発表まで落ち着かない毎日でした。



決まってからはあっという間ですね。


もう来週です。
(KENJEE)

2017年10月9日月曜日

二次会。


週末はオダッチの二次会でした。

昔から遊んできた後輩達が続々と結婚しています。反対に少しずつですが、離婚もしていますが・・・。


ヨットマン周辺の集まりはあまり気を使う事がないし、常に楽しいですね。

みんなで会う機会はここ最近はだいたいが二次会で、今はサッカー部も休部しているので以前ほど会えないんですが、また会っていろいろ話たいですね。


再来週の21日はHOUSEGROWでまた二次会の時のようにみんなに集まってもらえたら嬉しいです。


大切な仲間達が結婚しても離婚しても常に励まし、盛り上げていける存在でいたいと思っています。


オダッチ、おめでとう。
(KENJEE)

2017年10月2日月曜日

試合。



週末は試合でした。

リーグ戦一位のチームとの大事な試合。


こっちは試合開始に8人しか集まらず、そのまま8対11でキックオフ。


こんな不利な状況でも全員で走って守って1点やられただけで前半終了。


後半にこっちは9人になって、1点返すも2本のシュートでやられて1-3で負けました。


数的不利な状況だったけど、全員でハードワークしてなんとか大敗は逃れました。


個人的には不利な状況でも勝つつもりでやっていました。


チャンスもあったし、充分に動けてたし負けるとやっぱり悔しいです。

毎日トレーニングしてしっかり準備して試合にのぞんでたので、チームの誰よりも悔しい思いです。


今月末にリーグ最終戦。


来季に繋げれるような試合にしたいと思います。。


DJも頑張ります。
(KENJEE)